sakekuma.com_twitter-ads_20150520_01.png

Twitter広告の管理画面のアップデートがありました。MAP(Mobile App Promotion:アプリ広告)やWebのコンバージョン成果を追っている広告主にとっては、とても便利でありがたいアップデートになりそうです。

今回のアップデートは[キャンペーン]エクスポートした[キャンペーンのレポート]です。まず[キャンペーン]から見ていきましょう。


[キャンペーン]のアップデート内容

今までは管理画面上からインストール数などの[コンバージョン]数値を見る際、[コンバージョン]タブを開いていました。

 

アップデート後は概要タブに追加されています!今まではタブを移動してインストール数を確認していましたが、今回のアップデートでそんな手間とはオサラバとなりそうですね。

 

また、以前は

  • [ツイートのエンゲージメント]
  • [エンゲージメント率]
  • [エンゲージメントあたりのコスト]

だった項目も変更されていますが、現状は内容的に何も変わっていないようです。説明を見ると、MAPはApp Cardに反応した数、動画広告はVideo Cardに反応した回数などになるのでは、と思います。

  • [結果]
キャンペーンの目的にマッチするプロモ商品がクリックされた合計回数です。課金対象外のクリックもすべて含まれます。
  • [比率]
[結果] 列の合計クリック数をインプレッション数で割って算出したものです。プロモ商品における、キャンペーン用の目標エンゲージメントの高さを示しています。
  • [結果あたりのコスト]
結果あたりのコストは、ご利用金額の合計を、[結果] 列で表示される合計クリック数で割って算出しています。ユーザーがはじめてプロモ商品をクリックした場合にのみお支払いが発生し、目標とするキャンペーン結果にマッチするクリック数のみが課金対象となります。

エクスポートした[キャンペーンのレポート]のアップデート内容

今回のアップデートに伴い、エクスポートしたデータも変更がありました。キャンペーンのレポートをエクスポートすると、以前より18項目増えていますね!

  • ID
  • キャンペーン
  • キャンペーンのURL
  • お支払い方法ID
  • お支払い方法名称
  • 時間
  • キャンペーン開始日
  • キャンペーン終了日
  • ご利用金額
  • インプレッション
  • エンゲージメント
  • 課金されたエンゲージメント
  • リツイート
  • 返信
  • フォローしている
  • クリック
  • お気に入り
  • カードエンゲージメント
  • フォロー解除
  • エンゲージメント率
  • [New!] リンクのクリック数
  • [New!] アプリのクリック
  • [New!] リード
  • [New!] Link click rate
  • [New!] App click rate
  • [New!] Lead rate
  • [New!] Follow rate
  • [New!] アクション誘導
  • [New!] 動画の開始回数
  • [New!] 動画再生
  • [New!] 動画 (25%再生済み)
  • [New!] 動画 (50%再生済み)
  • [New!] 動画 (75%再生済み)
  • [New!] 動画  (再生完了)
  • eCPE
  • CPE
  • [New!] リンククリックあたりのコスト
  • [New!] eCPAC
  • [New!] リードあたりのコスト
  • [New!] CPF
  • 商品の種類
  • 通貨
  • 現在の予算残額
  • 現在の入札額
  • 現在の日別予算
  • 現在の総予算
  • インストール - エンゲージメント
  • インストール - 表示
  • インストール - アシスト
  • 他 (MAPの場合、SDK側でどのコンバージョンイベントを送るかで異なる)

MAPを運用している広告主にとっては、やや複雑になりましたが、図にまとめるとこんな感じです。

[カードエンゲージメント]の中に、[課金されたカードエンゲージメント]という項目が新たに追加されました。つまり、今までは[課金されなかったカードエンゲージメント]…広告がリツイートされて得たオーガニックのカードエンゲージメント等も含まれていたわけです。

また、今回追加されたもうひとつの指標、[アプリのクリック]ですが、これは[アナリティクス]>[ツイートアクティビティ]から見れる[アプリをインストールトライ](ツイートのカードからアプリをインストールするためにクリックした回数)と同一のようなので、カードエンゲージメント数とはそもそも異なる指標のようです。プロモーションの数値で、オーガニック分は含まれていなさそうです。


以上、MAP中心でアップデート箇所を見ていきましたが、動画広告に於いてもより便利な管理画面に生まれ変わっているので、今後も楽しみですね。

Comment


【鮭熊】プロモツイートの運用代行サービスについてはこちら