この記事では、プロモツイートの管理画面で、アカウント全体の興味分野のデータを確認する方法について説明します。

まず、現状の管理画面の仕様を説明しますが、急いでる方は2.アカウント全体で[興味分野]のデータを見る方法から読んでください。


1.管理画面でみれるセグメントのデータ

Twitter広告の管理画面では、[OS]や[地域]といったさまざまなセグメントでデータを確認することができます。

  • [すべてのキャンペーン]
    • [ツイート]
    • [プラットフォーム]([OS] > [端末])
    • [地域]([国] > [州・都道府県/地域]|[都市部]|[郵便番号])
    • [デモグラフィック]([性別]|[言語])

 

また、[すべてのキャンペーン]ではなく、[各キャンペーン]の中に入らないと見れない数値もあります。そのキャンペーンに設定したターゲティング方法に合わせて、確認できる数値は異なるようです。

  • [各キャンペーン]
    • [ツイート]
    • [プラットフォーム]([OS] > [端末])
    • [地域]([国] > [州・都道府県/地域]|[都市部]|[郵便番号])
    • [デモグラフィック]([性別]|[言語][年齢])
    • [興味分野]…全てのキャンペーンで表示
    • [ハンドル名]…フォロワーターゲティングのキャンペーンのみ表示
    • [キーワード]…キーワードターゲティングのキャンペーンのみ表示
    • [番組]…テレビターゲティングのキャンペーンのみ表示

2.アカウント全体で[興味分野]のデータを見る方法

さて、ここからが本題なのですが、[すべてのキャンペーン][興味分野]のデータを見たい時、どうすれば良いのでしょうか?ひとつひとつ各キャンペーンの中に入りデータをエクスポートするのは時間がかかります。

そんな時は、以下のようにURLの&segment=XXXXXの部分をチェンジするのが便利です。手順はこちら↓

▼[すべてのキャンペーン]で[興味分野]のデータを見たい場合

Step.1 [すべてのキャンペーン]で[ツイート]等を開く

Step.2 ブラウザのURLの中の&segment=のパラメータの値をinterestsに変更

    変更前:&segment=tweets

    変更後:&segment=interests

Twitter広告の管理画面でアカウント全体の[興味分野]データを見る方法


上記のように[興味分野]のレポートが表示されれば成功。「interests」の最後の"s"を忘れずに!なお、この方法で見れるセグメントは、上記と[年齢別(&segment=age_buckets)]のみのようです。

Comment


【鮭熊】プロモツイートの運用代行サービスについてはこちら