Twitter広告でアプリの新規ユーザー獲得

広告をクリックして、このページを開いた人は、もしかするとすごくラッキーかもしれません。

というのも、弊社は、お客さんの広告を出すことは多くても、自社の広告を出すことはほとんどないので。

AdWordsクーポン15000円分をもらったので、一ヶ月間掲載中です。

 

…あ、申し遅れました。株式会社鮭熊(さけくま)です。新宿にある広告代理店です。

TwitterやFacebook、Google AdWords、Apple Search Adsなどのアプリインストール広告商品を取り扱っております。

TwitterやFacebookでよく見かけるアプリインストール広告の広告の中には、弊社が運用しているものもあるかもしれませんね。

 

Twitter広告が日本に上陸した2013年4月から、ひたすら知見を貯めてきました。

これまで担当した案件も数百件。2ヶ月目以降も継続してご利用されるお客さまが多く、大変ありがたい状況です。

もしTwitter広告でのアプリインストール広告に興味があれば、ぜひ下記内容をお読みください。


「広告代理店の役割ってなに?」

  • 広告の入稿を行い配信して終わり…が広告代理店の仕事ではありません。
  • 毎日データをチェックし、検証を繰り返し、効果を最大化させることが広告代理店の任務です。

 

「自社で運用した方が良いのでは?」

  • 自社にオンラインマーケティングの担当者が居れば、それで良いと思います。
  • もし運用のノウハウが 無く、何から始めて良いかわからなければ、一度弊社にご相談ください。
  • 最初数ヶ月は弊社で運用して、後から自社での運用に切り替えることも可能です。

 

「具体的にはアプリインストールの広告を実施するには何が必要?」

  • クリエイティブ(バナーもしくは動画)
  • 広告統計用のSDKの導入 (←重要)
  • お金

掲載が確定した段階で、オススメのSDKやクリエイティブをどうするかを進めていきます。

 

「お金はどのくらいかかるの?」

  • インストール1件ごとに、請求されます。使った金額に運用手数料を上乗せした金額を請求いたします。
  • 例えばCPI 80円の場合、弊社の取り分となる運用手数料20円(外掛け20%)を上乗せした、合計100円の請求となります。
  • 月1000円くらいしか予算がなくても、予算感に応じて実施可能です。

 

Photo by Samuil_Levich/iStock / Getty Images

「アプリを作ってるんだけど、広告出すべき?出さないべき?」

  • アプリのROASが100%超えていたり、LTVが100円以上であれば、出す価値はあります。
  • アプリのROASが200%超えていたり、LTVが200円以上であれば、めっちゃ出す価値はあります。
  • アプリのROASが300%超えていたり、LTVが300円以上であれば、やばいっす。

     

    「CPI 100円で広告を出したい」

    • CPI 100円(1インストールあたりの単価)で、一日数件のアプリも、数十件獲得するお客さまもいます。
    • アプリそのもののニーズや、アイコン・ストアの画像などのCVR(コンバージョン率)によって獲得件数は変わってきます。

     

    「他の代理店でも掲載中だけど、鮭熊経由でも掲載して効果の違いを見たい」

    • 1つのTwitterアカウント内に複数の広告アカウントを用意し、それぞれの広告代理店で同時に運用することも可能です。

     

    「海外の企業なんだけど申し込み可能ですか…?」

    • 弊社は海外のお客さまも数社利用してくださってますが、日本語でコミュニケーションできると助かります
    • 日本国内に広告を出したい場合は、Twitterをオススメすると思います
    • 海外向けに広告を出したい場合は、Facebookをオススメすると思います

     

    「○○さんからの紹介で鮭熊さんのことを知って…」

    • ありがとうございます、フォームにそのこと明記してくれると安心します。

     

    「株式会社鮭熊で働きたい!」

    • 密かに人員募集中です。下記のフォームからどうぞ。

     

    「社名のインパクトが強すぎる」

    • よく言われます。温厚な性格なので、ご安心ください。

    Photo by Samuil_Levich/iStock / Getty Images
    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。